企業紹介

鳥取県 三洋製紙株式会社

三洋製紙株式会社

当社の主力製品である段ボール用中芯(なかしん)原紙は、私たちの生活を支える最も重要な資材のひとつです。

<事業内容>

「エルモア」ブランドのカミグループの一社です。当社ではリサイクルされた古紙パルプを利用し、段ボール用中芯(なかしん)原紙の製造および販売をおこなっています。また、産官学共同で環境に優しい農用再生紙「カミマルチ」の製品化を実現し、さらなる新製品の開発にも取り組んでいます。バイオマスボイラーを新設し、2017年より売電事業に着手します。

 

<社風・人材>

少数精鋭で一人の担当領域は幅広く、責任と権限を伴った仕事を任されます。自ら改善を模索し、学び続けることができる人を評価します。

 

<自社の強み>

ジャストインタイムの原紙供給体制により、近畿・中京地区を中心とした西日本エリアに広く展開しています。事業の多角化により経営基盤の安定化も図っています。

また、小さな組織ですが従業員全員が一致協力し、速い意思決定により機動力をもって会社を動かしています。従業員の平均年次有給休暇取得率は毎年60%を超えており、さらに働きやすい職場環境の実現を目指しています。

 

(2016年12月7日掲載)

(環境)×(エネルギー)=

2017年より稼働するバイオマスボイラー発電設備です。再生可能エネルギーの供給を通じて、地域と環境へ一層の貢献を目指します。

企業からのメッセージ

当社の年間売上高は100億円を超えており、その多くが鳥取県外への売上です。地方創生がうたわれるなかで、会社の事業活動を通じて、自分たちこそがその担い手として活躍してやろうという意気込みとチャレンジ精神をもって門戸をたたいていただきたいと思います。意欲を持ってきていただける方であれば、地元在住者、UJIターンなどは問いません。歓迎します。

会社情報

①事業内容: 紙製造業(段ボール用中芯原紙の製造・販売、農用再生紙「カミマルチ」の製造・販売)、電気供給業(バイオマスボイラー発電設備による再生可能エネルギーの販売)

②設立年: 1961年

③従業員: 132人 (2016年9月30日時点)

④平均年齢: 44.7歳

⑤本社所在地: 〒680-0865 鳥取県鳥取市古市185番地

⑥企業理念: 常に一歩先のビジョン… カミグループは考え、行動します。

⑦企業ホームページURL: http://www.sanyopaper.co.jp