働き方紹介

佐賀県 株式会社ワイビーエム

ワイビーエムは地下と水の技術で明日の美しい地球環境づくりに貢献するという経営方針を揚げ、2016年で創立70周年を迎える、土木、建設、鉱山、環境関連の研究開発型メーカーです。

社員インタビュー

北村俊和(きたむら としかず)氏  佐賀県出身

入社1年目  総務部総務グループ 所属

 

北村さんは高校、大学時代に地元から離れたことで、地元の良さを知り、地元から日本経済に貢献したいと考えた。地元で働く魅力は、方言で話せるので、自分を飾らず仕事ができることと、地元の友達との交流といった心のよりどころがあることだと言う。

 

Q 地方就職で大切なポイントはありますか?

その地方の人に「地元から見た企業の評価を聞く」ことです。就職ナビサイトなどではわからない企業の情報を知るために、地元の人からの見え方を知ることが大切です。

 

Q どうして地元から社会に貢献しようと考えるようになりましたか?

大学生活を送った滋賀県から見た佐賀県は、特産品や良いところがなかなか見えず、九州の中でも地味なイメージがありました。一方、世界から見た佐賀県は東南アジアと距離が近く、メリットに感じることがあります。そんな佐賀県を世界に通用するような場所にしたい、盛り上げたいと思いました。私のようにUターンする学生が増えれば、その地域を活性化できるのではないかと考えています。

 

Q 環境に関するものなど様々な機器を手掛けていますが、御社の魅力はどんなところですか?

当社では、一つの機器を作るために一つのチームを組み、部品作りからすべてをチームで行っています。ライン作業ではなく、ゼロからすべてを作るのでやりがいを感じられると思います。私が所属する総務部も、採用から社員の管理、設備管理などさまざまな業務を幅広く行います。ワイビーエムでこの仕事ができるのは私しかいないというプライドと責任感を持って業務に取り組んでいます。

 

Q 総務という立場から見える社内の雰囲気を教えてください

当社は中小企業ならではの、家族的な温かい雰囲気がありながら、海外展開を行うワールドワイドな面もあります。私は現在、インドネシアから受け入れた実習生の担当をしています。技術を習得して母国で会社を立ち上げたいと考える実習生に技術を教えるだけでなく、生活面での支援や日本語研修、働くモチベーションを上げるための工夫も行っています。当社で学んだ実習生が、母国に帰ってもつながりを持ち続けてくれることを期待しています。

会社情報

①事業内容: 環境関連機器、土壌地下水汚染調査・浄化機器、鉱山調査用機器、エネルギー開発関連機器、土木建設、都市開発、地下開発機器の製造販売

②設立年: 1967年4月6日

③従業員: 340名  (男性290名、女性50名 ※グループ会社含)

④平均年齢: 38.0歳

⑤本社所在地: 佐賀県唐津市原1534番地

⑥企業理念: ワイビーエムは地下と水の技術で明日の美しい地球環境づくりに貢献します

⑦企業ホームページURL: http://www.ybm.jp/