働き方紹介

石川県 金沢育英センター

幼児・小学生・中学生・高校生対象の総合学習塾、大学受験予備校の運営。合宿・家庭訪問・各種模擬試験・各種入試説明会・TV受験セミナー・教育講演会・英語スピーチコンテストなど大小さまざまなイベントの企画運営。また私立中高一貫校の学校法人片山学園「片山学園中学校・高等学校」を設立。現在、小学校「片山学園初等科(仮称)」の設立準備中。

社員インタビュー

越中弥友(こしなか みゆ)氏  石川県出身

入社2年目  教育本部所属

 

石川県で生まれ育った越中さんは、北海道にある大学に進学。学生時代は塾講師のアルバイトに打ち込む。現在は石川県に戻り、金沢育英センターの社員として、塾の教師を勤めている。

 

Q 越中さんは、どのような就職活動をしたのですか?

学生時代から塾講師のアルバイトをしていましたが、教育業界に特別な興味があったわけではありません。農業やスポーツ関連、薬品メーカーなど、さまざまな業界や会社を見させていただきました。企業が掲載している情報に一つでも興味が湧くことがあればエントリーし、説明を聞きに行きました。自分がしたいことが明確ではなかったからこそ、心から働きたいと思える企業を探しました。

働く場所にこだわりはなかったので、学生時代に住んでいた北海道はもちろん、地元の石川、東京、遠いところでは広島まで足を運んで、興味のある企業にアプローチしました。

 

Q 仕事を通じてどのようなことを学んでいますか?

相手を理解することの大切さを改めて学んでいます。人と関わっての仕事が多いため、意見が対立することもあります。まずは相手を理解して、その環境で自分がどのように働き、価値を発揮できるかに重きを置くようになりました。人を気にしすぎるよりも、自分の思ったように楽しく働き、そのエネルギーで周りに伝えていきたいと考えています。

 

Q Uターンして気付いた、地元で働くことの魅力は?

主観ですが、石川県にはアットホームな企業が多いと感じます。とくに当社はマニュアルで厳しく定められていることは少なく、良い意味でゆるい雰囲気を感じます。自由に仕事を任せてもらえるところが魅力的な環境です。もちろん上司からのフォローはありますので、その点は心強くもあります。

また、近くに友達がいることは意外と大きなポイントで。多いときには毎週のように地元の友人と会い、それが息抜きとして重要な役割を果たしています。さまざまな業界で働く友人と話すことで、新しいことを知ることができ、ときには自分の仕事に生かせる気づきが得られる、充実した時間です。

会社情報

①事業内容: 幼児・小学生・中学生・高校生対象の総合学習塾、大学受験予備校

②設立年: 1987年6月

③従業員: 164名(女性62、男性102)

④平均年齢: 34歳

⑤本社所在地: 〒930-0005 富山県富山市新桜町6番22号

 (金沢本部校: 〒920-0853 石川県金沢市本町2-1-25)

⑥企業理念: 「英知・徳・自立を育む」

⑦企業ホームページURL: http://www.ic-ikuei.co.jp/