働き方紹介

富山県 株式会社本保

日本有数の仏具や仏像の制作および卸をおこなう会社です。取扱商品数は全国トップクラス。特に富山県高岡市の地場産業である銅器や鋳物製品は、400年以上の歴史の中で磨かれてきた技術力を背景に大きなシェアを誇っています。生産から卸までの一貫体制を持つことを強みに、近年は時代のニーズに合った新しい現代仏具の開発・表現に挑戦しています。

社員インタビュー

細谷智之(ほそや ともゆき)氏   山形県出身

入社6年目   営業部 所属

 

仏具や仏像等の企画・製造・販売をおこなう会社の営業職として働く細谷さん。大学時代から暮らす富山の地で、歴史ある地場産業を支える若き担い手の一人として奔走している。

 

Q 東京の企業も数社受けたそうですが、富山県で働くことを選んだ決め手はどのようなことでしたか?

働く土地へのこだわりはなかったので、東京も含め時間とお金が許す限りさまざまな会社の説明会に参加しました。

富山に決めたというよりはこの会社に決めた結果、富山県で働くことになりました。富山は大学時代から生活しているので周りに友達も居ることや、自然が近いことも決めた要因の一つです。車ですぐ山にも海にも行けるのはいい環境ですね。

 

Q 勤務地を絞らずに幅広く就職活動をされたようですが、企業選びの軸を教えてください。

取扱商品や社内の雰囲気を重視しました。当社には大量生産されたものだけではなく、手作りの商品や一つひとつ思いが込められた商品があります。また、和気あいあいとしていて、メリハリをつけて仕事をしている社内の雰囲気にも惹かれました。

 

Q 入社されて6年目の細谷さんですが、仕事で嬉しかったエピソードはありますか?

自分が原型製作から鋳造(成型)や着色に至る業務で携わった銅像が、ある世界遺産に置かれたことです。貴重な経験だと思うので、とても嬉しかったですね。

 

 

Q 世界遺産の一部に携わるとは大変意義深いですね。逆に、仕事で壁にぶつかった経験はありますか?

毎月、担当の関東・中部地方へ出張があるのですが、何度か訪問したことのある取引先から「大した情報提供ができなければ繁忙期なので来ないでほしい」とお怒りの電話がありました。これまで自分がやってきたことは意味がなかったのかとショックでしたが、相手は時間を割いて会ってくれているということを再認識しました。仕事の仕方を見つめ直し、もっと責任意識を持たなければと気持ちを改めました。その後はお客さまに有益となる情報を提供できるよう努め、今は良好な関係を継続できていると思います。

会社情報

①事業内容: 仏像・仏具・美術工芸品・企画制作卸

②設立年: 1967(昭和42)年11月

③従業員: 89名

④平均年齢: 47歳

⑤本社所在地: 富山県高岡市大町16-14

⑥企業理念: 伝統を継承することは 新たなことに挑戦し続けること。

⑦企業ホームページURL: http://hombo.jp/