特集

LO活 就職先決定調査アンケート 2018

2019卒および既卒者のLO活登録者に、アンケートを実施

LO活では、卒業年度および既卒者の方に向けて毎年就職先決定調査アンケートを行っています。

これから地方就活を目指される方は、参考にされてみてはいかがでしょうか。

調査結果:2018/4/1~2019/3/31
対象者:2019卒および既卒者(社会人)のLO活登録者*
(*LO活は東京圏・大阪圏で活動しているため、回答者の大半が都市圏在住の方となっています。)
有効回答数:3,481名

 

就職先の勤務地について

回答者のうち、地方圏の出身者は54%、地方で就職を希望されていた方は42%、実際に地方で就職が決定した方は35%となっています。

地方就職を希望していたうち7%の方は、何らかの理由により都市圏での就職に転向したことになります。

 

図1:就職決定先の都道府県

地方で就職した理由・しなかった理由

地方圏で就職した理由は、1位「地域に貢献したいと考えて」、2位「生活のペースが自分に合っているため」。

コメントを見てみると、地元に帰りたかった、地元で働きたかった、地元が好きだから、という回答が半数以上で、地元愛があらかじめ育まれていることが地方就職に影響していることが予想されます。

東京圏・大阪圏に居住後、地方圏に就職されている方のうち、Uターンが74%、I・Jターンが26%でした。

一方で、「介護で仕方なく」等、一部の方はやむを得ず選択しているケースも。

 

地方で就職しなかった理由は、「そもそも地方就職に強い意向がなかった」がダントツの1位。

地方就職にこだわりがない場合、金銭的な理由(就活資金・収入・奨学金返済)や物理的な距離(面接に行くのが大変)などの理由で、就職活動のしやすい都市圏で就職活動を行う傾向が見られました。

「まずは東京で働いて、今後地元に帰れればいいと思った」「経験を積んだ後配置換えを希望するつもり」など、将来的に地方就職・配属を見据えてまずは都市圏での就職を選択している先輩たちもいました。

「一番最初に内定をもらえたのが東京の企業だった」など、内定が出た順番で入社を決めている先輩たちも。

 

図2:地方で就職した理由(左)、しなかった理由(右)

奨学金の返済を負担に感じる方は多く、就職先の選択にも影響を及ぼしているようですね。

支援の内容はさまざまですが、奨学金返済免除などの支援制度を設けている自治体もありますので、地方での就職を希望される方は一度自治体の支援制度を調べてみてはいかがでしょうか。 

また、面接など就職活動にかかる交通費の支援をしている自治体も調べられます。

地方就活助成・支援制度一覧はこちら

 

 

就職に役立った支援(地方就職者への設問)

地方就職者の多くは、地方・都市部・学校等で行われる地方就職関連のイベントを活用し、就活に役立ったと回答しています。

さまざまな場所で開催されるイベント情報をチェックしましょう。LO活のお知らせメールもぜひご活用ください。

お知らせメールのお申込みはこちら

 

図3:地方就活に役立った支援

あれば利用したかった支援(地方就職者への設問)

「交通手段の提供や交通費の補助」が圧倒的に多く、地方就職において移動にかかる交通費が負担になっていることが伺えます。

東京圏や関西圏で開催されるイベントや、自治体の交通費助成制度などが活用できると、就職活動の助けになるかもしれません。

 

図4:あれば利用したかった支援

内定先を知ったきっかけ

都市圏・地方圏にかかわらず、民間のサービスをきっかけに企業を知るケースが最多、地方圏での就職活動では、地方自治体から内定先を知ったケースが2位となっています。

都市圏に相談窓口を設置している自治体も多く、また都市圏で開催される自治体主催の就活イベントなどもありますので、このようなサービスを活用していくと、地方の優良企業との出会いの幅が広がるのではないでしょうか。

地方就職者のうち「その他」記入者の半数以上は、「地元で有名な企業のため昔から知っていた」と回答しています。

 

図5:内定先を知ったきっかけ

ハローワークの利用状況

利用したことがある(A,B,C計)のは22%と、意外と利用されていないハローワーク。

ハローワークの求人は全国ネットワークのため、日本国内のどこにいても希望地域の求人を確認することができます。

「新卒応援ハローワーク」では、書類添削や面接対策などの支援も行っていますので、活用されてみてはいかがでしょうか。

新卒応援ハローワークはこちら

 

 

図6:ハローワークの利用状況

LO活へのご意見・ご要望

・地方への転職はいつかまた考えたいと思っています。その時まで息長く活動を続けていただけると助かります。
・もっと多くの人に地方就職の魅力を伝えて欲しい。
・大学生の就活生や若者以外に向けての地方就職情報を充実してほしい。都会での仕事を一度は体験した層こそニーズはあるのに、仕事を探す術が限られている。

 

LO活では学生に限らず、既卒の方にも活用いただける様々な情報を引き続き収集・発信してまいります。

一般の方向けのイベントも開催されていますので、LO活サイト「セミナー・イベント情報」は対象者を「一般」にチェックをつけてぜひご活用ください。

セミナー・イベント情報はこちら

 

・自分の周りの地方出身者の多くが「地元に戻るなら、公務員か地銀か超大手企業。でなければ、東京で就職する」と言っている。LO活として地方で働く魅力を伝えてほしい。

地方に戻るとなると、親や周囲の目が気になって選択肢を狭めてしまいがちというご指摘も。
LO活では保護者向けのガイドブックを大学や自治体の主催する保護者会等で配布するなど、保護者の方々の啓蒙活動にも力をいれてまいります。

 

・地方イベント一覧のメールが役に立ちました。お世話になりました。

地方就活のツールとして、「お知らせメール」「お役立ちメール」の登録はこちらから行えます。

LO活利用登録はこちら