企業紹介

鳥取県 東亜青果株式会社

東亜青果株式会社

バナナ熟成庫。音楽が流れる室(むろ)で1週間ほどバナナを熟成中。週に2万袋近くが出荷されています。

<事業内容>

青果(野菜・果実)、花卉の卸売業をおこなっています。青果の卸売業とは、農家や農協などの生産者とスーパーや八百屋などの小売店との間にある業態です。生産から消費の一連の流れを支える重要な位置づけになっています。

そして、弊社の設立は1941年(昭和16年)で、太平洋戦争が始まった年に設立されました。その後、地域の皆さまに支えられ、今日までの75年間、長く青果を供給させていただいています。

 

<社風・人材>

近年は新卒採用だけでなく中途採用にも力を入れているため、県外から帰ってこられた方のみならず他業種からの採用も多くなっており、若年層も多いためとても活気に満ちあふれています!

 

<自社の強み>

弊社の強みは失敗を恐れず新しいことに挑戦していくことです。今までになかったやり方、考え方を用いて、会社としても個人としても常に新たな可能性にチャレンジしています。ぜひ、一緒にチャレンジしていきましょう!

また、弊社は米子の中心近くに位置します。近くに店も多く生活しやすいです。山・海・川も近いため、休日はカヌー、パラグライダー、釣り、登山などのレジャーが楽しめます。

 

(2016年11月9日掲載)

青果社屋

早朝から青果バイヤーや小売店の方で活気あふれる場になります。

企業からのメッセージ

弊社では地元の人だけでなく、Iターン・Uターンの人も積極的に採用しています。野菜・果実に知識が薄い方でも、他分野を学び県外で過ごした経験は、弊社で働くにあたり無駄になることはないでしょう。他分野で培った異なる視点、県外で過ごした際に感じた地域差の印象は武器として使えます。業種・地域としても狭い視野にとらわれず、より広い視点を持って物事に取り組んでいける人材を求めています。東亜青果で貴方だけができる仕事をやっていきませんか?

会社情報

①事業内容: 青果(野菜・果実)、花卉の卸売業

②設立年: 1941年(昭和16年)

③従業員: 約100名(パート含む)

④平均年齢:42歳

⑤本社所在地: 鳥取県米子市米原9丁目3-20

⑥企業理念: 「私たちは豊かな生活文化を提案することにより健康な地域社会の実現を目指します」。鮮度が良く、安全な食べ物を提供し、地域の方の健康を青果物や花卉を通してサポートしていきます。

⑦企業ホームページURL: http://www.toa-s.co.jp/