LO活

地方で見つける!
自分らしい生き方、働き方。

  • LINE
  • Facebook

働き方紹介

島根県株式会社バイタルリード

株式会社バイタルリード

コンサルティング部門: 建設コンサルタントは、地域の公共交通計画業務を得意としており、中国四国地域で広く業務を行っています。また、住民参加型の道路整備計画策定、費用便益分析、住民合意形成など設計ではなく計画系の業務を主に受託しています。

情報システム部門: GIS活用のソフト開発、スマホアプリ開発、公共交通関連機器の開発等を行っています。

旅行部門: 観光地をめぐるお得な「観光あいのりタクシー」の造成等を行っています。

社員インタビュー

社員インタビュー

福井のり子(ふくい のりこ)氏  静岡県出身

入社5年目  総合計画部 所属

 

福井さんは高校時代に、環境分野に興味を持ったことがきっかけで都市計画・交通計画に携わりたいと考え、岡山大学環境理工学部環境デザイン学科に入学。現在は仕事の傍ら、広島大学大学院で博士号取得に向け研究にも打ち込んでいる。

 

Q 福井さんがバイタルリードを知ったきっかけは何でしたか?

私が専門とした分野では、就職先は公務員になるか、民間のコンサルタント会社などで働くかという選択が主になります。しかし、公務員では部署替えで専属にはなれない、大手のコンサルタント会社でも希望する計画系の部署に行けるか不明だと感じ、悩みながら就職活動をしたのです。そんな時に、研究室の先生を通じて社長の話を聞く機会がありました。

 

Q 実際に社長と会って話されたのですね。どんな理由でバイタルリードを選んだのですか?

業務内容が都市計画・交通計画に関する内容で自分にとってとても楽しそうだったこと、学会発表や大学との共同研究を行っているなど高い専門性があること、女性が働きやすい会社を目指すと社長自身から聞いたことが理由です。希望する会社が、たまたま島根にあった結果です。

 

Q 高校時代から思い描いてきたこの仕事。実際に取り組んでみて、どんなことを感じますか?

一番感じるのは、人とのつながりの大切さです。最近では住民と一緒にワークショップをしながら計画を作り上げることも多くあります。クライアントの行政の人だけではなく地元の皆さんや大学の先生、同業の会社の方など、仕事を通じてたくさんの出会いやつながりが生まれ、そこから業務が達成できたときは本当に嬉しく感じます。これまでの仕事でできたつながりは私の財産です。

 

Q 最後に、地方就職を考える就活生へアドバイスをお願いします。

地方かどうかは、自分の人生を考える上での一つの指標でしかありません。就職はゴールではなくスタートなので、自分がその会社に就職してから何がしたいか、どう生きたいかを真剣に考えることが大切です。逆に言えば、就職活動は自分の人生を考えるチャンスです。悩みながら行動して今の自分にできる最善のことをすれば、次のステップに踏み出せると思います。

特派員感想

特派員感想

福井さんは人生のワークライフバランスを意識し、今は自分の技術を高める時期で、博士号取得後は家庭をつくりながら仕事もしていきたいと考えているそうです。「どう生きていくか」は真剣に考えるべきポイントですね。 (明治大学4年・豊田)

 

 

 

(掲載日:2016年2月9日)

■会社情報

①事業内容:交通まちづくり(各種調査、計画策定、事業実施支援、事業評価等)、社会資本整備(各種調査、計画策定、合意形成支援、事業評価等)、各種計画・分析等(地域戦略、観光振興、データ解析・分析等)、情報システム(GIS、WEBサイト、モバイルアプリ、システム企画・設計、ソフトウェア開発、ハードウェア試作・製作等)、第三種旅行業務(あいのりタクシー、オリジナル旅行の企画・催行等)

②設立年: 1998(平成10)年4月

③従業員: 38人(男性 14人 女性 24人 / うちパート18人)

④平均年齢: 37.6 歳

⑤本社所在地: 島根県出雲市荻杼町274-2

⑥企業理念: 元気で幸せな社会をつくるために、人・物・心を動かす先進的な技術と感動サービスを提供します

⑦企業ホームページURL: http://www.vitallead.co.jp

  • LO活 タイプチェック
  • お知らせメール登録
YouTube

LO活 YouTube チャンネル

このページを
シェアする

右