働き方紹介レポート

神奈川県 株式会社アーバン企画開発

株式会社アーバン企画開発

神奈川県川崎市・横浜市にて賃貸不動産に関する仲介、管理、不動産コンサルティングといった業務を30年やっています。お客様は、お部屋探しをされている方、アパートやマンション、駐車場といった賃貸物件をお持ちの方などさまざまですが、常にお客様目線で仕事をすることをモットーにしています。お客様の高い要望に応えるべく、不動産業界で必須資格の宅地建物取引士はもとより、不動産鑑定士、一級建築士、税理士など専門知識を持った社員も在籍しています。

社員インタビュー

社員インタビュー

滝川紗希(たきかわ さき)氏   神奈川県出身

入社1年目   管理部港北ニュータウン店 所属 

 

滝川さんは大学時代からデザインやものづくりに興味があり、居住環境デザインを専門分野として学んできました。その知識を生かせる仕事をしたいと考え、不動産業界で働くことを決意しました。現在は、お客様との新規契約や管理物件の契約手続きなどを担当しています。

 

Q なぜ、神奈川県の企業に就職を決めたのですか?

地元エリアなら土地感があるため、仕事に生かせると考えたからです。実際に、道路や建物の場所がわかることで、お客様の手助けができた経験は何度もあります。また、近所の方々と挨拶や会話ができる関係性があることや行きつけのお店などがあることは、住み慣れた地元だからのことだと考えたからです。

 

Q 具体的にどのような仕事をされていますか?また、どのようなことを心がけていますか?

お客様からの電話での問い合わせ対応をおこなっています。新規契約事務も担当しており、申込受付から契約書作成・締結までが仕事です。新規の契約は正確な書面や対応が必要となるので、十分確認をしながら手続きを進めるようにしています。お客様は電話に出たスタッフによって会社の印象を判断するので、丁寧な対応を心がけています。

 

Q 仕事においてやりがいを感じるのは、どんな時ですか?

自分がお客様に契約内容を説明した際に、うまく相手に伝わり理解していただけた時です。相手が理解しやすいように結論を先に述べたり専門知識をつけることで、お客様からの質問にすぐ答えられるように努めています。新規契約を担当する者として、お客様の新しい住まい探しの窓口となれることに誇りを持っています。

 

Q 最後に、地方就職を考える就活生にアドバイスをお願いします!

地域のことを知っているということは自分自身の糧になると思います。私のように、住んでいた経験を生かせる仕事は他にもたくさんあります。地元の良いところ・改善すべきところを知れば、さらに磨かれた知識になっていきます。この機会に一度、住んでいる地域の企業を探してみて下さい。

特派員感想

特派員感想

インタビューを通して、「住んでいたからこそ知っている地元のこと」は自分の強みであることに気付かされました。業種・職種によって、どこで働くことが自分に合っているかをしっかり考えることが重要ですね! (獨協大学4年・増田)

 

(2017年1月10日掲載)

■会社情報

①事業内容: 賃貸不動産に関する仲介業、管理業、不動産コンサルティング業

②設立年: 1988年

③従業員: 124名

④平均年齢: 38.1歳

⑤本社所在地: 神奈川県川崎市麻生区百合丘2-2-1

⑥企業理念: 顧客に最高の満足を与えるとともに信頼企業としての一翼を担う。

⑦企業ホームページURL: http://www.urbankk.co.jp/

新着お知らせメール登録