LO活

地方で見つける!
自分らしい生き方、働き方。

  • LINE
  • Facebook

働き方紹介

京都府タナカ善

タナカ善

機械工具卸売業。 金属・プラスチック加工などの製造業の会社へ機械の販売、機械に関連して使用する切削工具/消耗品等、工場内で使用するあらゆるものを取扱い、お客様へ供給しています。

 

社員インタビュー

社員インタビュー

古澤勇樹(ふるさわ ゆうき)氏  滋賀県出身

入社2年目  彦根営業所 所属

 

東京でも働いたことのある古澤さんですが、地元の滋賀県に戻ってきて改めて人の温かさや地元の人とのつながりの大切さを感じたそうです。人見知りの性格でも営業という仕事を続けている思いなどをうかがいました。

 

Q 古澤さんの仕事内容を教えてください。

取引先企業、主に製造業を訪問し、工作機械や切削工具等のルート販売をおこなっています。また、新商品が出た際は、それらの紹介にも行きます。“営業”に対しては、私も仕事をする前はあまり良いイメージを持っていませんでした。しかし、地元で仕事をするという安心感もあり、営業職にチャレンジしてみようと決めました。実際にこの会社で営業担当をしてみると、新規の営業活動に行っても煙たがられることはあまりなく、みなさま話を聞いてくださいます。他に競合となる大手企業や商社がいる中で、弊社の商品を選んでいただけた時は本当に嬉しく思います。

 

Q 仕事をするうえで心がけていることはなんですか?

弊社は幅広い商品を扱っております。それゆえ、それぞれの商品の特徴や扱う上での注意点などを把握しておく必要があります。しかし、現段階ではまだ完璧ではないので、商品に関して知らないことが出てきたら、きちんと確認してからお伝えしています。現場で働くお客様の方が詳しいことも多いので、その際は逆に教えていただきます。そして、もっと勉強をして商品知識を増やし、お客様が求めている最新の情報を正確に伝えられるよう努力したいと思います。

 

Q 入社当初の自分と今の自分がどのように変わったか教えてください。

一番大きな変化は、お客様から頼りにしてもらえることが増えたということです。自分が人見知りという性格もあり、入社当初は営業の仕事に不安を抱いていました。しかし、いろいろな会社に電話や訪問するうちに慣れてきて、今では30以上もの企業と取引をしております。自分への信頼感が増すことはとても嬉しく、仕事へのやりがいも感じます。このように仕事を楽しめるようになったのも、地元の近しい人たちの存在のおかげです。 

特派員感想

特派員感想

古澤さんは人見知りと言っていましたが、まったくそのようなことを感じさせない、とても話しやすい方でした。地方就職をしたことで、より近い距離感でお客様と仕事をできることに喜びを感じているようでした。(津田塾大学4年・林)

 

(掲載日:2016年9月7日)

 

■会社情報

①事業内容: 機械工具卸売業

②設立年: 1950年

③従業員: 41人

④平均年齢: 34歳 

⑤本社所在地: 〒601-8145 京都府京都市南区上鳥羽西浦町54

⑥企業理念: お客様のために みんなのために 社会のために

⑦企業ホームページURL: http://www.tanakazen.co.jp/

  • LO活 タイプチェック
  • お知らせメール登録
YouTube

LO活 YouTube チャンネル

このページを
シェアする

右