LO活

地方で見つける!
自分らしい生き方、働き方。

  • LINE
  • Facebook

働き方紹介

広島県株式会社サンネット

株式会社サンネット

公共・医療・流通・サービス業などさまざまな分野で、システム開発・システムサポート・ネットワーク構築・コンピュータ機器販売・セキュリティコンサル等、総合的に情報サービスを提供しています。地場ITの草分けとして、またNECグループの一員として、地域社会の情報化に寄与してまいりました。

社員インタビュー

社員インタビュー

椿山尚平(つばきやま しょうへい)氏   広島県出身

入社1年目   医療営業部 所属

 

椿山さんは東京の大学を卒業。就職活動では悩んだ末に、生まれ育った広島県での就職を決めた。大学時代にIT企業でアルバイトをした経験から、情報サービス業の現在の会社に入社する。両親や昔からの友人という「大切な人たち」の近くで働くことを選んだ椿山さんの思いに触れることができました。

 

Q 就職活動の際、他の県で働くことは考えませんでしたか?

東京の大学に通っていたので、最初は東京か広島で就職したいと考え、両方の地の企業を受けました。しかし就職活動を進める中で、両親や祖父母が住む広島で働きたという思いが強くなり、帰郷を決意しました。

 

Q 地方での就職活動で苦労したことはありますか?

交通費の工面が大変でしたね。東京と広島の企業を受けたので、できるだけ同日に近隣の説明会や選考会を詰め込み、何度も行き来することを無くして交通費を節約しました。

 

Q 地元で働くことの良い点は何ですか?

やはり自分にとって大切な人たちの近くで暮らせることは大きいです。目の届くところに両親が住んでいるので、お互い安心して暮らすことができます。また、幼なじみや見慣れた景色など昔の思い出とともに生活できることも、安心して日々を過ごせるポイントだと思います。

 

Q 東京と広島での生活を経験してみて、改めて感じたことはありますか?

その土地の生活リズムが合うか合わないかは人それぞれと感じました。東京には東京の忙しさ、地方にはその地方独特のテンポ感があります。もともと広島で暮らしていた私はここでの生活が染みついているので、落ち着いて日々を過ごせています。

 

Q 地方で就職を考える就活生の背中を押すようなメッセージはありますか?

地方で就職するかしないかは、「内定」をもらってから考えても遅くはないと考えます。就職活動の時期は限られるので、立ち止まって考えている暇はありません。少しでも自分にとって興味のある企業や生活が地方にあれば、説明会に行くなど、まずは動いてみてください。

特派員感想

特派員感想

「大切な人のそば」ということも、働く場所を考える際の大きなポイントだと感じました。住み慣れた土地で安心感を持って働けることは、自分らしく生活する上で重要なことなのかもしれません。自分が大切にしたい価値観は何か、皆さんも考えてみてください。 (中央大学4年・安藤)

 

(2016年10月27日掲載)

■会社情報

①事業内容: 総合情報サービス

②設立年: 1962年

③従業員: 351名

④平均年齢: 40.1歳

⑤本社所在地: 広島県広島市中区袋町4-21

⑥企業理念: 「ICTを通じて社会に貢献する」

⑦企業ホームページURL: http://www.csunnet.co.jp/

  • LO活 タイプチェック
  • LO活利用登録
YouTube

LO活 YouTube チャンネル

このページを
シェアする

右