LO活

地方で見つける!
自分らしい生き方、働き方。

  • LINE
  • Facebook

働き方紹介

福岡県株式会社Fusic

株式会社Fusic

福岡を拠点に、テクノロジーコンサルティングやWebシステムの開発を中心に事業を展開しています。100%自社開発にこだわり、他にはない自由な発想・提案でお客さまの事業の成長に貢献しています。創業から10数年を経て「日本を代表する福岡の企業になる」という新たなビジョンを掲げ、海外展開など大きな成長を見据える当社。今後もお客さまとの直接のコミュニケーションを大切に、システムを構築していきます。

社員インタビュー

社員インタビュー

広沢拓也(ひろさわ たくや)氏  神奈川県出身

入社2年目  技術開発部門 所属

 

趣味は天体観測。大学時代は天文学を専攻し、卒業論文では土星の環の研究をおこなった広沢さん。福岡の大学に通い福岡での就職を決めた広沢さんは、神奈川県の湘南で生まれ育ったそうです。現在はエンジニアとして、Webを中心としたシステム開発、自社サービスの運用・開発に携わり、ITの可能性を模索されています。

 

Q なぜ福岡の大学に進学をされたのですか?

興味のある天文学を学ぶことができる大学が福岡県にあったからです。いくつか天文学を専攻できる大学を受験したため、東北などの大学に行くことも考えましたね。場所で選んだというよりも、自分のやりたいことができる大学を選びました。

 

Q 就職活動の際に神奈川に戻ることや、東京での就職は考えましたか?

就職活動当初は、実家のことや志望職種の関係で、東京での就職を考えました。しかし、学生時代に慣れ親しんだ土地を離れたくないという思いに就職活動中に気付き、福岡での就職に切り替えました。私が住む福岡市は、東京や神奈川と比べても遜色を感じることがなく、地元の湘南よりも住み心地の良さを感じています。

 

Q 大学はやりたいことができるとして福岡を選び、就職は住み心地で福岡を選ばれたのですね。

そうですね。エンジニアという職種であれば、住む場所・働く場所に縛られず、好きな場所で大きな仕事にも挑戦できる利点があったので、住みたい場所を優先しました。仕事と住む場所は、必ずついて回るものです。どんな仕事をするのかと同じくらい、どんなところに住むのかを考えることも大切だと感じました。

 

Q どういった方法で就職活動をすすめていましたか?

東京での就職を考えていた頃は、春休みに長期間で実家に戻り、集中的に東京の説明会や選考に参加をしました。就職活動全般において、あえて就活サイトを活用せず、自らインターネットで検索をしたり、中途しか募集していない企業にも問い合わせてみたりと、自分なりのアクションも加えていました。

特派員感想

特派員感想

「仕事と住む場所は必ずついて回るもの」という言葉がとても印象的でした。仕事内容だけではなく、住む場所にこだわるという考え方も、ひとつの大きな選択肢になりますね。 (獨協大学4年・増田)

 

(2016年10月4日掲載)

■会社情報

①事業内容: テクノロジーコンサルティング、ソフトウェア開発(Webシステム・スマートフォンアプリケーション)、クラウドインフラ構築(Amazon Web Services)

②設立年: 2003年10月10日

③従業員: 35名

④平均年齢: 31.0歳

⑤本社所在地: 〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神4-1-7 第3明星ビル6F

⑥企業理念:

 「人材が成長できる環境を創造します」

 「新しい価値を創造します」

 「人・社会・文化とのつながりを大切にします」

⑦企業ホームページURL: http://fusic.co.jp/

  • LO活 タイプチェック
  • お知らせメール登録
YouTube

LO活 YouTube チャンネル

このページを
シェアする

右