LO活

地方で見つける!
自分らしい生き方、働き方。

  • LINE
  • Facebook

働き方紹介

北海道株式会社電制

株式会社電制

各種電力監視制御装置やダム管理システムなどの電力事業者向け製品の開発を中心に、社会インフラに関わる監視制御システムの開発を行っています。また、自社オリジナルブランドとして、福祉・健康に関わる製品や、光学や磁気の技術を用いたセンサー製品などの研究・開発にも力を入れており、幅広い分野でものづくりを行っている会社です。

 

社員インタビュー

社員インタビュー

田森雄介(たもり ゆうすけ)氏  北海道出身

入社5年目  広報室 兼 商品開発室 所属  

 

田森さんは北海道生まれの北海道育ち。高等専門学校の情報工学科を卒業後、ソフトウェア開発会社に就職。12年務めたのち、株式会社電制に転職。現在は技術者としてだけではなく、広報担当としても活躍をされています。

 

Q 就職活動をする際、東京で働くことは考えましたか?

はい、新卒の就職活動時、東京に出るか北海道内で働くか悩みましたね。私は高専進学時から技術者を目指していました。技術者として最先端の技術を習得でき、大きい仕事に携わることができるのは北海道よりも東京だったので、東京に出ることも考えました。

 

ではなぜ、北海道に就職を決めたのですか?

最終的には住み慣れた生活を優先して、北海道での就職に決めました。転職時も迷わずに北海道内でと考えました。大学や就職で東京に出ていく友人も多いのですが、実家があることや育った地域に戻りたいという理由で、最終的に戻ってくる友人がほとんどです。

 

Q 就職後、東京で働きたい気持ちはありましたか?

実際に働いてみて、私自身は最先端の技術で仕事をしたいというよりも、地域の産業を支えたり有名な製品の一部を作っているなどの、そこになくてはならない存在になることにやりがいを感じるタイプだと気づきました。また、少人数の企業だからこそ仕事を任されたり、さまざまな業務に携わることができます。

 

Q 貴社で働く上で、気を付けていること・学んだことを教えてください。

相手の立場になって考えることがどれだけ重要かを学びました。技術者としてお客様のためのものづくり・企画を心がけています。また、設計が上手くいかない・納期に間にあわないなど、辛いことに直面した時も、「絶対に終わりはくる」という先輩の言葉を励みに取り組むことで、忍耐強さを得ることができました。

 

最後に地方就職を考える人たちにアドバイスをお願いします。

地方は中小企業がメインとなりますが、中小企業にも良いところはたくさんあります。規模の大きさや最先端技術よりも、存在価値にやりがいを感じる人に地方就職は向いているのではないでしょうか。

 

特派員感想

特派員感想

同じ技術者として働く中でも、それぞれの価値観によって、その人に合った企業や暮らす場所が異なるのですね。自分自身はどんな価値観を大切に生きていきたいかを考える必要があると感じました。 (獨協大学4年・増田)

 

(2016年9月16日掲載)

■会社情報

①事業内容: 各種電力監視制御装置の開発、ダム管理システムの開発、福祉機器の開発

②設立年: 1977年

③従業員: 91名

④平均年齢: 40歳

⑤本社所在地: 〒067-0051 北海道江別市工栄町8番地の13

⑥企業理念: 人に感動を与えることを業とする会社であり、社員皆がワクワクする会社であること

⑦企業ホームページURL: http://www.dencom.co.jp/

  • LO活 タイプチェック
  • LO活利用登録
YouTube

LO活 YouTube チャンネル

このページを
シェアする

右