LO活

地方で見つける!
自分らしい生き方、働き方。

  • LINE
  • Facebook
第3回 2016.12.7(水)

地方のまちが可能にする、人生の実験と創造

今回は、地方都市を「人生の実験を行うフィールド」と見立てて、新たな価値を見出すことに主題を置き、福井県鯖江市で、「JK課」や」「ゆるい移住」などのプロジェクトを生み出す若新雄純さんに語っていただきました。

経済が成長しない社会の中で「キャリアアップ」が意味を持たなくなった時代に、目指すべき生き方の正解はなくなりました。そこで、次の正解を探すのではなく、もともと正解はないという発想になって、そこに至る過程を楽しむ、つまり「人生の実験」を繰り返していくことが今の生き方になっています。そして、その実験をできる余地が地方にこそあると若新さんは主張します。地方には、良くも悪くも人もシステムも都会のように緊密でないので、そこに余白が生まれ、いろいろなことを試せる余地があります。
若新さんが福井県鯖江市ではじめた「ゆるい移住」というプロジェクトは、まさにその余白をいかした移住プログラムで、「移住者何人」というような目標はいっさい立てず、参加者に目標を課すこともなく、ただ個人に人生の実験を行う猶予をもたらしました。結果、6人も鯖江に残り、本人たちは様々なことに挑戦しながら、人生の実験の過程を楽しんでいます。

質問コーナーでは、実験を可能にする地方のコミュニティの重層性や、成果が想像しずらいプロジェクトをいかに実現していくかなど、なぜ若新さんが次々と面白いプロジェクトを実現できるのか、その裏側も語っていただきました。

若新 雄純

株式会社NewYouth代表取締役/慶應義塾大学特任講師

慶應義塾大学大学院修了、修士(政策・メディア)。専門はコミュニケーション論。
大学在学中に就職困難者の就労支援を行う株式会社LITALICOを共同創業し、COO就任。その後、東証マザーズに上場。
現在は、人・組織・社会における創造的なコミュニケーションを模索する研究者・プロデューサーとして、実験的な政策やプロジェクトを多数企画・実施。
全員がニートで取締役の「NEET株式会社」や、総務大臣賞を受賞した福井県鯖江市の「鯖江市役所JK課」、同じく鯖江市の若者が家賃無料で半年間体験移住できる「ゆるい移住」などをプロデュース。
著書に『創造的脱力~かたい社会に変化をつくる、ゆるいコミュニケーション論』(光文社新書)がある。

その他のイベント