お役立ち情報

LO活部長 佐藤裕のお悩み相談室

第1回 “地方就活”は何から始めればいい? 第1回 “地方就活”は何から始めればいい?

第1回 “地方就活”は何から始めればいい?

NEW

LO活部長 佐藤裕
株式会社インテリジェンス リクルーティングディレクター

2002年に新卒で外資系人材ビジネス関連企業に入社し転職支援サービスに従事。
2007年、株式会社インテリジェンス入社。採用業務に従事した後、転職支援サービスにてゼネラルマネジャーとして、様々な企業の採用に携わる。
現在は自社の採用活動に従事するほか、講義・講演や面談を通じて年間2万人以上の学生に会い、キャリアや就職活動について、メッセージを発信している。
関西学院大学 客員講師や株式会社ベネッセi-キャリアの特任研究員も務める。

学生プロフィール

今回のゲストは関西学院大学2年生の難波さん。

難波 由貴(なんば ゆき)
関西学院大学・経済学部2年生。岡山県出身。都会に憧れて兵庫の大学へ進学。最近、家族から地元での就職を勧められて迷っている。

「とりあえず何かする」はNG?

佐藤: 今回のテーマは「“地方就活”は何から始めればいい?」です。まずは、難波さんの現状から聞かせていただけますか?

 

難波: 両親が地元(岡山県)の銀行で働いていて、ぼんやりと私も地元の銀行がいいんじゃないかなと。親にも、帰ってきなさいと言われています。都会に憧れて関西に進学したけれど、この前父と話していて、これからは働く時間が圧倒的に長くなるから、就職先は、場所にこだわらず、自分が楽しいかどうかで選んだ方がいいのではないかと思うようになりました。
でも、何から始めればいいのか分からないんです。というか、何が分からないのかが分からないのかもしれません。

 

佐藤: 良い悩みですね。一つ覚えておいてほしいのは、分からないからといって年が近い先輩に相談しないこと。どうしてだと思いますか?

 

難波: その意見が一番正しいと思ってしまうから?

 

佐藤: それも一つですね。ただ、一番の理由は違います。年が近い先輩って、就活中や社会人になりたての先輩になると思うんですが、彼らはまだまだ社会のことを理解していないケースが多いんです。でも、信頼している先輩だからと、言うことを正面から受け止めすぎて間違った認識で就活をしてしまうことに繋がるんですね。あと実は、親に相談というのもよく考えた方がいいんです。

 

難波: 親も?

 

佐藤: そう、ご両親の意見は大事だけれど、ものすごく影響力があるでしょう。現に難波さんも「帰ってきなさい」の一言で、ぐらついているわけですよね。

 

難波: はい、今はもう全部親の言葉で決めています。

 

佐藤: もちろん、参考にするのは大切です。でもね、私はこれまでに、2~3年で会社を辞めて、自分の就活を後悔している人にたくさん会ってきているんですが、彼らに「どんな就活をした?」って聞くと、「親の一言で」と言う人が多いんですね。後悔する時に、大切な人が出てくるって、何とも言えない。
だから、LO活を始めるぞという時、人に聞くとか求人を見るとか具体的な行動を「とりあえず何かする」、というのはよくないんです。

地方就職への準備。まずは、「思考の筋トレ」から始めよう

佐藤: では、難波さん、地元で銀行以外に思い付く就職先は?

 

難波: 高校の先輩から聞いたことがあるA社。

 

佐藤: 他は?

 

難波: B社では叔母が働いていました。

 

佐藤: 他は?

 

難波: ないです……。

 

佐藤: OKです。「地元に帰ろうと思っているけれど、銀行を含めて3社しか出てこない」そんな自分の現状を理解することがまず重要です。「とりあえず何かするな」というのは、今知っている3社に最初から絞ることで、自分の可能性を狭めるなという意味。
今この段階で大切なのは、「視野を広げること」です。

 

難波: どうやって広げればいいんですか?

 

佐藤: 例えば、たまには今のコミュニティから外れる努力をしてみることもいいですね。いろいろな人と話して、自分とのギャップを感じて、少し挫折してみる。そこから自分に足りないものを見つけて、埋めるために行動していきましょう。
それから、自分の将来を考えることも大切です。

 

難波: 私、将来を考えるのが嫌いなんです。今の自分のダメなところが見えるから。

 

佐藤: 自分の将来を徹底的に考えると、自分が何をするべき人間なのか分かってきますよ。そうすると、例えばアルバイト一つにせよ、意識の持ち方なんかが変わってきます。
そうやって視野を広げていけば、地元で働こうと思った時にいろんな情報が入ってくるし、情報の取捨選択もできるようになります。
もう一つ、東京・大阪と地方で、企業が採用で重視するポイントが違うのは分かる?

 

難波: 違うんですか?

 

佐藤: 違うんです。人がたくさん集まる都会より、地方の方が人が少ないから一人一人と向き合う傾向が強いと言えますね。企業と学生がお互いに理解し合いましょうと。

 

難波: じゃあ、自分のことを伝えることが大切になってくるということですか?

 

佐藤: そう。でも自分のことを伝える、って意外に難しい。相手にきちんと伝えられるように、今は思考を「筋トレ」する時期。繰り返し考えることで、視野がどんどん広がっていきます。大丈夫、最初は大変だと思うかもしれませんが、自分のことが分かるにつれ、就活はどんどん楽しくなっていきますから!

 

難波: 「思考の筋トレ」、明日から意識できそうですね。まずはそこからやってみます!

 

(掲載日:2015年7月31日)

LO活部長 佐藤裕からのアドバイス!

「自分は地方で就職するんだ」と最初に決めて、すぐに具体的な活動(選考準備など)に入るのは危険です。知っている数少ない企業の中から選んだり、自分で決めずに周囲に流されてしまうことに繋がります。
一般的な就職活動でも言われていることですが、地方就活を考える場合でも、まずは視野を広げて、価値観の多様化を進める。そうやって自分を高めながら、地方の企業に関して情報収集をし、働いている姿をイメージできるようになって初めて、具体的な活動に移っていく。そんな流れをオススメします。

新着お知らせメール登録